りい子のブログライターおしごと帳

ライター記事を中心に書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシックのメリット、デメリット

視力が良いという人……それだけで、すごく得をしている、目の悪い私にはそう思えます。
20歳過ぎからずっとコンタクトを使う生活をしている私は、いつも視力が良かったらな~と思っています。コンタクトはもちろんお金もかかりますが、その扱いにも色々と面倒な事があります。
一泊の軽い旅行に行くときも、コンタクトの保存液やケースは必要です。もちろん、メガネも持っていかなければなりませんが……。
また、コンタクトで目を傷つけたり、調子が悪くなってしまう事もたびたびです。

こんなメガネやコンタクトのわずらわしさから開放されるために、最近、私の友達の何人かがレーシック手術を受けています。
目の手術というと危険そうで、とても怖いのですが、実際に手術を受けた友達に聞くと、片目10分位の簡単な手術で、手術をしたその日に歩いて帰れる、というのです。
手術後は、メガネやコンタクトの事を気にしなくていいし、良く見えるので、本当に快適そうです。
手術金額が高いように感じますが、長い目で見ると、コンタクトやメガネを一生買い替え続ける事を考えると安いのでは?との事なんです。たしかにそうですよね。
しかも、最近は、確かな技術で、値段も低価格な病院も増えているようです。
友達の話を聞いて、私もレーシックを受けてみようかな、と思うこともたびたびです。

でも、長年コンタクトを利用している人は角膜が薄くなっているので、レーシックにはむかないかも、という話も聞きます。もう長い間コンタクトを使用している私にとっては、気になる話しです。一度、角膜の状態をみていただこうかな、と思っています。

しかし、長年、メガネだけをずっとかけている方は、レーシックを検討してみるのも良いかもしれませんね。
裸眼で生活できるようになったら、と考えてみるだけで嬉しいですよね。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

検索フォーム

QRコード

QRコード

お洋服♪

お化粧品・本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。