りい子のブログライターおしごと帳

ライター記事を中心に書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインの思い出

バレンタインの思い出は、いくつかありますが、一番思い出に残っているのは、中学時代に友達が、チョコを渡した時のことでしょうか。(自分はチョコで告白をしたことがないので。。。)
中学の三年間、私の友達は、その彼(コージくん)にチョコをあげ続けました。…私は、いつもかげに隠れて見ている役^^
コージくんは照れながら「どーも。」と言うだけで、あとは何もナシなんですよね。
その時は、不思議で不思議で仕方がありませんでした。だって、お友達、可愛いんですよ。
でも、今思えば、野球部のコージくんは、恥ずかしくてどうすれば良いのかわからなかったのでしょうね~。
運動系の男の子って、運動一筋なので、不器用なところがありますからね。
結局、コージくんと私の友達は、3年間何もなく、卒業してしまいました。
高校も離れ離れになってしまいましたからね~。

私が男の子にチョコをあげるようになったのは、告白という形ではなく、おつきあいをしている人にプレゼントという形ですね。
最初に、チョコを渡したのは、高校二年生の時になると思います。
たぶん、手作りのチョコ(トリュフもどき)をプレゼントしたと思います。母親にチョコの作り方を教えてもらった記憶がありますからね~。
でも、今の子供は、小学生でも上手にチョコを作りますね。
うちの娘は小学3年生のころからお友達にプレゼントする「友チョコ」を作っていましたよ。

その娘、実はバレンタインデーがお誕生日なんです。
出産のために実家に帰っていた私は、バレンタイン前日の13日に、父にチョコレートをプレゼントしましたよ。
「明日、急にうまれたら、チョコを渡せないから」と言いながら。
その4時間後、陣痛がきたんです。14日の深夜ですね。
そう、それでバレンタインの朝、病院へむかう事になったのです。
朝の7時頃まで我慢して、病院に行きましたよ。
それから、何時間も苦しみ続けて、夜の10時20分過ぎ、やっと出産しました。
これが一番忘れられないバレンタインです。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

検索フォーム

QRコード

QRコード

お洋服♪

お化粧品・本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。