りい子のブログライターおしごと帳

ライター記事を中心に書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エステ体験

OL時代は、会社帰りにエステに通っていましたね~。
毎日帰りは、6時頃の私。
もちろん、そのまま家に直行するということは、ほとんどなく、友達と食事に行ったり、彼氏とデートしたりすることもよくありました。
充実した毎日でもありましたけどね。
そんな中、お肌や気分をリラックスさせたいということもあって、月に2回ほどエステに通っていました。
ちょうど会社から家に帰る間の駅で降りて、行くことができるんですよね。
エステをしてもらう日はワクワクでした。
パックをしてもらったり、汚れをすいとってもらったり、何と言ってもハンドマッサージが気持ちよかったんですよね~。
もう、本当に気持ちが良くて、とろけるような気分でした。
眠ってしまうこともありましたね。
終わったあとは、もちろんお肌もすっきりすべすべですが、顔もキュっと引き締まって、ちょっと小顔になりましたよ。
今は、なかなか行くことができませんが、またエステ体験をしたいですねー。
スポンサーサイト

バレンタインの思い出

バレンタインの思い出は、いくつかありますが、一番思い出に残っているのは、中学時代に友達が、チョコを渡した時のことでしょうか。(自分はチョコで告白をしたことがないので。。。)
中学の三年間、私の友達は、その彼(コージくん)にチョコをあげ続けました。…私は、いつもかげに隠れて見ている役^^
コージくんは照れながら「どーも。」と言うだけで、あとは何もナシなんですよね。
その時は、不思議で不思議で仕方がありませんでした。だって、お友達、可愛いんですよ。
でも、今思えば、野球部のコージくんは、恥ずかしくてどうすれば良いのかわからなかったのでしょうね~。
運動系の男の子って、運動一筋なので、不器用なところがありますからね。
結局、コージくんと私の友達は、3年間何もなく、卒業してしまいました。
高校も離れ離れになってしまいましたからね~。

私が男の子にチョコをあげるようになったのは、告白という形ではなく、おつきあいをしている人にプレゼントという形ですね。
最初に、チョコを渡したのは、高校二年生の時になると思います。
たぶん、手作りのチョコ(トリュフもどき)をプレゼントしたと思います。母親にチョコの作り方を教えてもらった記憶がありますからね~。
でも、今の子供は、小学生でも上手にチョコを作りますね。
うちの娘は小学3年生のころからお友達にプレゼントする「友チョコ」を作っていましたよ。

その娘、実はバレンタインデーがお誕生日なんです。
出産のために実家に帰っていた私は、バレンタイン前日の13日に、父にチョコレートをプレゼントしましたよ。
「明日、急にうまれたら、チョコを渡せないから」と言いながら。
その4時間後、陣痛がきたんです。14日の深夜ですね。
そう、それでバレンタインの朝、病院へむかう事になったのです。
朝の7時頃まで我慢して、病院に行きましたよ。
それから、何時間も苦しみ続けて、夜の10時20分過ぎ、やっと出産しました。
これが一番忘れられないバレンタインです。

わが家で買ったマンション

結婚してから数年間は、賃貸のマンションに住んでいました。
しかし、賃貸は、毎月家賃を払うというのは、もったいなく思えてくるんですよね~。
ずっと住んでいたマンションが、とっても気に入っていたし、あと何年も住む予定でいたので、とうとうマンションを買うことにしました。
ちょうど上の階が分譲マンションとして売り出していたんですよね。
そのマンションの便利さもよくわかっているし、住人の方々とも仲良くなったしで、すぐに購入することにしました。
中古にはなりますが、前回使っていた方がとても綺麗にしてくださっていたし、実際に部屋に入る前に、改装をしようという話にもなりました。
壁や床は全部張り替え、トイレや洗面所もすべて新しくしました。
内装は、新品です。
キッチンの配置も自分が使いやすいようにしました。
やはり、自分で買った部屋というと、愛着もわきますよね。
約1ヶ月かかって、改装した部屋に住む時は、感動しましたね~。
やっと自分のマンションを持つことができたという感じで。
今は住んで5年ほどになりますが、かわらず快適に過ごしています。

オリジナルTシャツ作ったよ!

娘は手作りをするのが好きです。
手作りと言うか工作ですかね。
娘が幼稚園に入る前、クレヨンで画用紙にお絵かきをするのが大好きでした。小さい子が書く絵って純粋でのびのびしていて見ていると幸せな気分になるんですよね。
画用紙に書いた絵をきちんと残しておいてあげようと思い、絵のうらに書いた日にち年齢を書いておいてあげました。
せっかくの素敵な絵なので、この絵をTシャツに描くオリジナルTシャツを作ってあげたいな~と思いました。
その頃、洋服やさんで好きな絵をプリントするオリジナルTシャツが流行っていました。しかし、けっこう値段もするしどうしようかな~、と悩んでいました。
そんな時、ママ友達が布に書けるクレヨンで可愛い絵を描いたオリジナルTシャツを着ていたんです。
めざとくそのTシャツを見つけた私はそのクレヨンをどこで買ったか聞きました。「ふつうの文房具屋さんにあるよ。布に簡単に描けるし、いまのところ洗濯をしてもとれないの。」というママ友達の話を聞き、さっそく購入!
娘もTシャツに直接書くことが楽しくて仕方がないという様子。
素敵なくまさんの絵を描きました。
その可愛いオリジナルTシャツをその頃は、一日おきに着ていましたよ。
今は素敵な作品としてきちんと残しています。

夢は小説家

「娘がなりたいもの」
娘の将来の夢は小説家だそうです。
3~4年前からずっと小説を書き続けています。
小説というと格好が良いのですが、子供が主人公の推理小説でクラスの男女6人くらいで、ちょっとした謎をといていくというお話。
トリック自体は可愛らしいものなんですが、表現力や細かい描写にはいつも感心しています。
頭の固い私だったら、話を膨らませたり細かい描写はできないと思います。
子供の場合は登場人物6人の性格を一人ずつ設定してそれを紹介しています。例えば「主人公のユキは好奇心旺盛だけどとっても怖がり。推理小説が大好きで夜寝る前には必ず本を読んでいる。好きな食べ物はお母さんが作っかやくご飯。」というような事をひとりひとり書いているので笑えるとともに驚いてしまいます。
この柔軟な頭でたくさん小説を書いて、楽しませて欲しいな~、と思う今日この頃です。
夢が実現するといいな~。

 | HOME |  NEXT »

検索フォーム

QRコード

QRコード

お洋服♪

お化粧品・本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。